昨今、自然災害の被害は年々拡大しています。
今回の講師の高田氏は、造園家であり『NPO法人 地球守』の代表理事でもあります。

エクステリア&ガーデンの専門校・E&Gアカデミーでは、2017年に造園家・高田宏臣さんをお招きして東京で特別公開講座を行い、

定員超える多くの申込をいただき、参加された皆様に「土中環境」が庭に、地域に、そして日本にいかに大切かをお話いただきました。

そして今回、高田さんの新しい書籍『土中環境 忘れられた共生のまなざし、蘇る古の技』(発行:建築資料研究社)の出版を記念して、

再び高田さんの講演会を開催いたします。今回、オンラインでの開催となりますので、どこからでもご参加いただけます!

セミナー内容

土中環境がいかに大事か?今後この業界を担っていくであろう皆さまに是非聴いていただきたいセミナーです。
お申込みいただいた方は、後の一週間限定で試聴可能となっております。
是非、ご参加ください。

※当日はPeatixからお申し込みいただいた方専用ページからYouTubeライブ配信をご視聴いただけます。
※<6/29追記>当日ライブで視聴できない方は、お申し込みいただいた方専用ページで
終了後1週間(7/21まで)アーカイブ配信を行います。

ただ、チケット販売は2020年7月14日 (火) 15:00に終了しますので、
期限内に必ずチケットをご購入お願いします。
申込みは、以下のURLよりお願いいたします。
https://eandg0714.peatix.com/



<セミナーに関するお問い合わせ>
TEL:03-6264-8290(担当:鈴木) info-eandg@eandg.co.jp

著者略歴

高田 宏臣 氏
(たかだ・ひろおみ)
株式会社高田造園設計事務所代表、NPO法人地球守代表理事
1969年千葉生まれ。東京農工大学農学部林学科卒業。1997年独立。
2003〜2005年日本庭園研究会幹事。2007年株式会社高田造園設計事務所設立。

2014年〜2019年NPO法人ダーチャサポート理事。2016年〜NPO法人地球守代表理事。
国内外で造園設計施工、環境再生に従事。土中環境の健全化、
水と空気の健全な循環の視点から、住宅地、里山、奥山、保安林などの
環境改善と再生の手法を提案、指導。

大地の通気浸透性に配慮した伝統的な暮らしの知恵や土木造作の意義を広めている。
行政や民間からの依頼で、環境再生視察、講座開催、および技術指導にあたる。
著書に『これからの雑木の庭』主婦の友社、2012年、他 http://www.takadazouen.com/

トークセッション

■スピーカー
高田 宏臣 氏

季刊『庭』編集長 エディター/ライター
澤田 忍 氏

1991年(株)商店建築社入社『月刊商店建築』にて編集に携わる。
『indoor green style』(2001年〜2007年)
『URBAN GREEN』(2007年)編集長。

2008年〜フリーランス。インテリア、建築、デザイン、
アート、ランドスケープ関係の雑誌、書籍の編集、執筆に携わる。
2013年より現職。https://niwamag.net/


■モデレーター
株式会社ユニマットリック 代表取締役社長
小松 正幸

エクステリア・外構・造園向けCADシステム「RIKCAD」を始め、
エクステリア&ガーデンのプロを養成する専門校「E&Gアカデミー」の運営などを手がける。

一般社団法人犬と住まいる協会理事長、公益社団法人日本エクステリア建設業協会(JPEX)顧問、
NPO法人 渋谷・青山景観整備機構理事、一級造園管理技士。http://www.rikcorp.jp

タイムテーブル

15時00分 配信開始
ご挨拶と今回のセミナーの目的、書籍のご紹介
E&Gアカデミー・小松正幸(株式会社ユニマットリック代表取締役社長)/季刊『庭』編集長・澤田忍

15時10分
造園家・高田宏臣氏 出版記念講演会『土中環境 忘れられた共生のまなざし、蘇る古の技』

16時30分 休憩

16時35分
高田宏臣氏×季刊『庭』澤田編集長×RIK小松によるトークセッション(&質疑応答)
※当日はオンライン質問システム「slido」を利用して、どなたでも気軽に質問や感想を投稿していただける予定です。

17時15分 終わりの挨拶

17時20分 配信終了

書籍情報

●書名『土中環境 忘れられた共生のまなざし、蘇る古の技』

●著者
高田宏臣 著
高田造園設計事務所 代表/NPO法人地球守 代表理事

●書籍データ
A5判・224頁
定価:本体2,500円+税
発行:建築資料研究社
発売日:2020年6月19日
※当セミナーにお申し込みいただいた方には受講者専用の書籍購入サイトを当日ご案内いたします。